topics

journal and column

  • top
  • topics
  • 男性こそ保湿ケアを考えるべき?メンズスキンケアの重要性について

男性の肌が乾燥しやすい理由、うっかり乾燥肌に注意

ここ数年、「メンズスキンケア」や「メンズコスメ」といった男性向けの美容情報をよく目にするようになりました。SNSで情報発信をする人が増えたり、男性用のスキンケアや化粧品コーナーも見かけます。今や「肌をきれいにしたい」という思いは男女共通。男性も身だしなみとして美肌を意識する時代です。
美肌のために欠かせないのが保湿。実は、男性の肌は乾燥しがちです。まずは、男性の肌が乾燥する理由を見ていきましょう。

水分量が女性より少ない

男性の肌は女性に比べて0.5mm厚いと言われていますが、水分量や脂肪層は女性より少ないです。近年の研究では、女性の肌と比べて男性の肌の水分量は30〜50%以下なのだとか。そのため、女性の肌がみずみずしく柔らかであるのに対し、男性の肌はキメが粗いという特徴があります。
さらに、水分蒸散量は女性の2倍以上多く、保水力が低いということもわかっています。男性の肌はとても乾燥しやすいのです。

ヒゲ剃り(シェービング)でバリア機能が乱れる〈部分的なUゾーンの乾燥〉

男性はヒゲ剃り(シェービング)によって肌表面のバリア機能が低下しがちです。これは、ヒゲ剃り(シェービング)で肌表面の角質や皮脂膜まで必要以上に削いでしまうため。特にUゾーンの刺激や乾燥を感じやすくなります。
また、ヒゲ剃り(シェービング)だけでなく、スポーツ等で汗をかいたときや洗顔後などにタオルで顔をごしごしと拭くのも避けましょう。肌への摩擦がバリア機能を低下させ、乾燥肌につながります

皮脂の分泌が多いので潤っていると勘違いしがち、インナードライに注意

男性の皮膚は女性の約2〜3倍の皮脂量を分泌します。そのため、ニキビができやすかったりテカリやすいという特徴があります。皮脂の力で肌表面が潤っているように感じるので、スキンケアは不要と考えてしまいがちですが、実は肌内部は乾燥していることも
また、皮脂は放置すると酸化し、黒ずみ毛穴の原因にもなるため、適切に洗顔をして余分な皮脂を洗い流すことが大切です。しかし、このとき皮脂を落としすぎてしまうこと、肌が乾燥しやすくなるため、注意が必要です。皮脂は皮膚から水分が蒸発するのを防いだり、外部から異物が侵入することを防ぐ役割を果たしています。洗顔をして余分な皮脂を洗い流した後にはスキンケアでしっかりと保湿する必要があります。

 

自分の肌質を知って、スキンケア方法を考えよう

男性_肌_タイプ

男性肌の一般的な特徴をご紹介してきましたが、必ずしも脂性肌の男性ばかりではありません。肌質は水分量と皮脂量のバランスで決まります。化粧品による肌トラブルを避けるためにも、まずは自分の肌質を確認しましょう。

肌質は以下の4タイプに分類されます。
・普通肌(ノーマル肌)
・脂性肌(オイリー肌)
・乾燥肌(ドライ肌)
・混合肌(コンビネーション肌)

それぞれの肌質の特徴を詳しく見てみましょう。

 

普通肌(ノーマル肌)

適度な水分量、皮脂量なのが普通肌(ノーマル肌)です。一年を通してあまり肌の状態が変わらず、肌トラブルも少ないのが特徴です。肌を褒められるという人も多いのではないでしょうか。理想的な肌状態と言えます。

脂性肌(オイリー肌)

水分量、皮脂量ともに多いのが脂性肌(オイリー肌)です。ベタつきやすく、毛穴が目立ちやすいという特徴があります。ニキビにも悩まされることが多い肌です。

乾燥肌(ドライ肌)

脂性肌とは反対に、水分量も皮脂量も少ないのが乾燥肌(ドライ肌)の特徴です。かさつきや肌のつっぱりが気になる人が多く、ヒゲ剃り(シェービング)や化粧品の刺激に敏感になることも。
かゆみや赤みが出やすい「敏感肌」もこのカテゴリーに入ります。

混合肌(コンビネーション肌)

皮脂が多い部分とかさつく部分が混在しているのが混合肌(コンビネーション肌)です。Tゾーンがベタつき、目元や口周りがかさかさしている人が多いです。洗顔後に部分的なつっぱりが気になることも。また、季節によって肌の状態が変わりやすいのも特徴です。

 

忙しい方におすすめ、時短メンズスキンケア

忙しい男性_メンズスキンケア

男性の肌にも保湿を中心としたスキンケアの重要性を理解していただけたと思います。でも、「スキンケアに時間をかけている余裕がない…」という男性も多いはず。そこで、忙しい人におすすめの時短スキンケアアイテムをご紹介します。

オールインワンゲル

オールインワンゲルはひとつの化粧品で化粧水や乳液に加えて美容液やパックの効果を期待でき、時間に余裕がない人にぴったりのスキンケアアイテムです。時短ケアのニーズは高まっており、オールインワンゲルの種類も年々豊富になっています。
中にはUV成分が配合されているものもあり、保湿と一緒にUVケアもできるので、忙しい朝にもぴったり。
注意したいのは、ジェル状のものは油分が少ない場合が多いこと。乾燥が気になる人はオールインワンゲルだけでは物足りない可能性があるので、乳液やクリームも準備するようにしましょう

フェイスマスク

フェイスマスクは保湿成分を手軽に満遍なく肌に浸透させることができるのでおすすめです。さまざまな種類のフェイスマスクが販売されているので、保湿や美白など目的に合わせたものを選びましょう。フェイスマスクをつけている間に他の作業をすることができるのも、忙しい男性におすすめのポイントです。
ただし、フェイスマスクを長時間つけたまま放置すると、かえって乾燥することがあるので注意してください。フェイスマスクの種類にもよりますが、5〜10分程度つければ十分です。

マイクロニードルパッチ

マイクロニードルパッチとニードル(針)の拡大図

目元や口元の乾燥が気になる人にはマイクロニードルパッチがおすすめです。マイクロニードルパッチとは、目元・口元の悩みを解消するために作られた部分用パックのこと。マイクロニードルという名前の通り、微細な針がパッチについており、この針はヒアルロン酸などの美容成分で作られています。この微細な針設計によって、ヒアルロン酸などの美容成分が角質層までダイレクトに届き、気になる箇所を集中的に保湿してくれます。
気になる部分に貼って寝るだけ!という手軽さがスキンケア慣れしていない男性にも好評を得ています。美容クリニックに行くのは抵抗がある…という男性はまずマイクロニードルパッチを試してみてください

マイクロニードルパッチに関する詳しい記事はこちら

 

身だしなみとして、メンズスキンケアを取り入れよう

男性_肌_清潔_自信

男性も身だしなみとしてスキンケアを取り入れる時代。まずはご自身の肌質を知り、いろいろ試しながら自分に合ったケアを習慣にしてみてください。毎日のケアで清潔感のある素敵な肌を手に入れ、素敵に年を重ねましょう。

Kana ライター

CERTIFICATION 資格
コスメコンシェルジュ・コスメライター logo cosmeconcierge

髙木 裕子 監修者

EDUCATION 学位
大邱漢医大学 化粧品薬理学部 卒業
EXPERIENCE 職歴
2019年入社
前職の化粧品メーカーで研究開発、評価研究、商品企画、営業企画を経験。
NISSHAでは新規事業開発部門 マーケティング部に配属
CERTIFICATION 資格
コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定協会) logo cosmeconcierge
back to list
page top