topics

journal and column

  • top
  • topics
  • 男性の肌特性を知り、正しいメンズスキンケアを。

肌の美しさは清潔感や好感をあたえるため、身だしなみの一環と考え、スキンケアをする男性がおり、昨今はメンズコスメが増えてきているため、お手入れを始めたという方も少なくないのではないでしょうか。今回は男性が無理せずスキンケアを日常化できるよう、その方法をご紹介します。

 

男性の肌特性

【皮脂が多い】

男性ホルモンの影響で、男性は女性にくらべると皮脂の分泌量が多く、思春期頃から急速に分泌量が増加します。20歳頃までには女性の倍以上の皮脂量となり、分泌量は年齢とともに減少せず、一定量を保ちます。そのため、特に皮脂腺が多く存在するTゾーン(ひたいから鼻にかけての部位)はテカリやべたつきが気になりやすくなります。

Tゾーン

【水分が少ない】

男性の肌はうるおいを維持することに関わる角層細胞の数が少ないため、女性にくらべると肌の水分量が少ない傾向があります。

 

男性の肌におきやすいトラブルとその原因とは?

【ニキビができる】

顔だけではなく、汗をかきやすい部位で多く分泌される皮脂。皮脂はニキビ菌の餌とも言われています。皮脂腺から過剰に分泌された皮脂は毛穴から排出されるのですが、毛穴の出口付近で角化が起こると排出できなくなりますそのため毛穴に皮脂が留まり、ニキビ菌の増殖を引き起こしてしまいます。

毛穴詰まり・ニキビの原因

【毛穴が目立つ】

目立つ毛穴のタイプには「詰まり毛穴」「たるみ毛穴」「開き毛穴」の3つがあります。特に男性が注意したいのは「詰まり毛穴」です
「詰まり毛穴」は余分な皮脂や老化した角質などが混ざり合って角栓がつくられます。放置しておくと大きくなって毛穴を広げる原因になります。また酸化すると黒くなるためさらに目立ちやすくなってしまいます。

 

【部分的な乾燥】

皮脂が多いと言っても、顔には皮膚が薄く乾燥しやすいパーツがあります。男女ともに言えるのが、皮膚が薄い目元・口元です。水分が枯渇した状態だとシワやたるみが起きやすくなります。

また男性の顔で最も乾燥に気をつけたいのがUゾーン(ほおからあごにかけての部位)です。Uゾーンはヒゲ剃り(シェービング)を行う部位で、乾燥や肌荒れが起きやすいのです

Uゾーン

ヒゲ剃りはヒゲだけではなく肌表面の角層まで削ってしまうため、キメが乱れ、バリア機能が低下してしまいます。これにより水分蒸散量が上がり、乾燥や肌荒れを引き起こします。

 

メンズスキンケアのポイント(1)洗顔

 

スキンケア・洗顔
不要な皮脂を落とすため、洗顔料を使用した洗顔を朝と晩の1日2回行いましょう。皮脂を落し過ぎると一時的に肌が乾燥し、肌の細胞が皮脂を大量に作り出してしまいます。スポーツの後や外から帰宅して軽く汚れを落としたい時は、ぬるま湯で軽く洗うとよいでしょう。

皮脂は天然の保湿クリームと呼ばれ、肌表面をおおう事で乾燥から肌内部(角層)を守ってくれます。そのため皮脂の取り過ぎは肌にとってよくありません。皮脂量をコントロールすることが大切です

ステップ1:ぬるま湯でプレ洗顔

ぬるま湯(30~35℃)を両手ですくい、顔にかけるようにして洗いましょう。洗顔料で顔を洗う前にぬるま湯で洗う事で、毛穴が開き、軽い汚れを取り除きます

ステップ2:弾力のあるモチモチした泡をつくる

皮脂や汚れは泡にるる見込まれるようにして取り除かれるため、洗顔料をしっかりと泡立て、両手いっぱいになる量の泡を作りましょう。
泡立てはコツが必要で、時間もかかるため、泡立てネットや泡立て器を使うのがおすすめです

テップ3:肌にふれずに洗う

泡の置き方は、皮脂が多くベタつきがちなTゾーン(ひたいから鼻にかけての部位)に多めに、次いで頬、あごに置きます。肌をこすらないように、肌の上で泡を転がすイメージで、指の腹で円を描くように手を動かして洗いましょうTゾーンは指先で念入りに洗ってください。

ステップ4:よくすすぐ

ぬるま湯または水をバシャバシャと顔にかけるようにして、よくすすいでください。すすぎが不十分で洗顔料が顔に残ると肌への刺激になる事があります。生え際やあごの裏に洗顔料が残っていないかチェックしましょう。

ステップ5:やさしく水分をとる

ゴシゴシとタオルでふき取るのは摩擦となり肌に負担を与えます。タオルをやさしく顔にあて、水分をタオルに吸わせるようにしてふき取りましょう

 

〈ワンポイントアドバイス〉

ヒゲ剃り(シェービング)

洗顔ついでに、洗顔の泡でヒゲ剃り(シェービング)をするという方もいるのではないでしょうか?粘りけのあるモチモチとした泡ができる洗顔料を使うとカミソリの滑りがよく肌への負担が少ないのでおすすめです

 

メンズスキンケアのポイント(2)保湿

スキンケア・保湿

洗顔後は皮脂量が低下し、一時的に乾燥しやすくなります。また男性は女性にくらべると肌の水分保持力が低い傾向がありますので、洗顔後、化粧水でうるおい補給、乳液や美容液で補給した水分を逃さないよう保湿ケアする事が大切です

ステップ1:必要な量の化粧水を手のひらにとる

化粧水を「500円玉大(またはメーカー推奨量)」手のひらにとり、手のひらで軽くなじませます。

ステップ2:顔全体に化粧水をなじませる

ほほ→Uゾーン→目元→おでこの順に、顔全体に化粧水をなじませていきます特に乾燥が気になる部分やヒゲ剃り(シェービング)をした時は、もう一度化粧水を手のひらにとり、重ね塗りすることをおすすめします。

ステップ3:油分を含む乳液や美容液を手のひらにとる

適度な油分が配合されている乳液や美容液を塗るのがおすすめです乳液または美容液を「10円玉大(またはメーカー推奨量)」手のひらにとり、手のひらで軽くのばしてなじませます。使う量は、自分の肌の様子を見ながら調整するとよいでしょう。

ステップ4:乾燥しやすい部位からなじませる

ほほ、目元、口元など乾燥しやすい部分から、やさしくふれるようにしてなじませます面積の広い部分は円を描くようにして顔の中心から外側に向かってなじませていきましょう。

 

〈ワンポイントアドバイス〉
お手入れをオールインワンコスメなど1品で済ませたいという方に、注意してほしい選び方のコツを紹介します。

【中身】中身の色は、透明から白濁したものまで見受けられます。白濁したものは油分を水に混ぜ込んでいる証拠です。乳液の役割も期待できます。透明なものを選ぶ時は油分に代わりうるおいをキープしてくれる保水成分がきちんと配合されているか確認しましょう例えばヒアルロン酸やセラミドなどがあります。

【成分】保湿成分が配合されているか確認しましょう。グリセリン、BG、スクワランなどが配合されているものがおすすめです

 

メンズスキンケアのポイント(3)乾燥しやすい部位のケア

目元のクマ

皮脂が多い男性も皮膚が薄い部分は乾燥しやすいもの。最も皮膚が薄い目元は乾燥による小ジワ、たるみ、くすみなど老けて見える原因が出やすい部位です乾燥した目元はシワが刻まれやすく、くすんだ印象に。またうるおい不足により、ハリや弾力が無くなってしまいます。

日々のお手入れで使用している化粧品を重ね塗りをするのも手ですが、すでに悩みが気になりはじめたという方は、目元用美容液や目元用クリームをプラスで使う事をおすすめします。この時、是非ご自身の目元悩みに合う成分が配合されている化粧品を選ぶようにしてください。

毎日は面倒という方は目元に貼る美容液シートを活用するのもよいでしょう目元用パックやマイクロニードルパッチなど、週に1回程度のお手入れでよい化粧品もありますので、自分に合うものを選んでスキンケアに取り入れてください。

マイクロニードルパッチに関する詳しい記事はこちら

 

メンズスキンケアのポイント(4)紫外線対策

スキンケア・日焼け止め・紫外線対策
紫外線は慢性的に浴びてしまうと光老化を引き起こします米国皮膚科学会(American Academy of Dermatology=AAD)では、老化の約80%が光老化など外部環境によると発表しています。光老化はシミだけではなく、深いシワやたるみの原因にもなります

紫外線は強弱はありますが、年中、天気に関わらず降りそそいでいます。外出する時や長時間屋外にいる時は日焼け止めを塗ることを習慣にしましょう。また男性は皮脂の分泌量が多く、日焼け止めが崩れやすいため、こまめに塗り直す事をおすすめします

 

今回お伝えしたメンズスキンケアのポイントは基本的な内容です。まずは基本のスキンケアを定着させてください。

最近ではメンズコスメが様々なメーカーから発売され、選ぶ楽しみも増えてきています。自分に合うスキンケア方法を見つけ、キレイな肌で自信がもてる毎日をお過ごしください。

髙木 裕子 ライター

髙木 裕子 監修者

EDUCATION 学位
大邱漢医大学 化粧品薬理学部 卒業
EXPERIENCE 職歴
2019年入社
前職の化粧品メーカーで研究開発、評価研究、商品企画、営業企画を経験。
NISSHAでは新規事業開発部門 マーケティング部に配属
CERTIFICATION 資格
コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定協会) logo cosmeconcierge
back to list
page top