topics

journal and column

  • top
  • topics
  • 年齢が現れやすい目元のケアとは?目元のエイジングサインを見逃さない!

目元のエイジングサイン

今回は目元のエイジングサインについて詳しく見て行きましょう。こんな目元の変化を感じたら前兆かもしれません。

■普段は目立たないが、笑った時に目尻にうっすらシワができ、型がつくようになった
目元のうるおいが不十分で笑いジワがとれにくくなりつつあります。目元は皮膚が薄く乾燥しやすい部位です。水分の補給と、うるおいを閉じ込める美容液やクリームでお手入れしましょう。

■涙袋が大きくなった、下降してきた、影がうっすらできてきた
目の下のハリ・弾力が減少してきているかもしれません。ヒアルロン酸やコラーゲンなど、うるおいのあるハリ・弾力を与える保湿成分が配合されているスキンケアでお手入れしたり、マッサージで血流改善、顔の筋肉を鍛えるものよいでしょう。

■目尻が下がって、たれ目になってきた
年齢とともに筋肉は衰えるもの。顔にも無数に筋肉が張り巡らされており、その筋肉の上にのった皮膚を動かしており、これらは表情筋とも呼ばれています。目元の筋力が衰えると、皮膚を支えることができなくなり、目尻の降下が起きてしまします。

■目が小さくなった、二重、三重になった
まぶたは顔輪筋によって引き上げられています。この筋力が弱くなる、また、まぶたの皮下脂肪が増えると、まぶたが垂れてきてしまいます。

 

目元のお手入れポイントをおさえエイジング対策

目元のお手入れ

保湿を徹底する

目元は皮膚の厚みが薄く、皮脂腺が少ないので、うるおいを保つことが難しく、乾燥しやすい部位です
そのためエイジングサインが現れやすい。日々のスキンケアで、面積が広く、塗りやすい部分のみ塗布していませんか?目のきわや目尻は塗布しにくいため、つい忘れがちという方も多いのではないでしょうか。おすすめの塗布の仕方は、化粧水をたっぷり浸したコットンを目元に乗せ、3分ほどパックです。目元専用のパックもあるので、忙しい時はそういった商品を活用して保湿ケアしましょう。

クリーム・美容液でうるおいを閉じ込める

クリームや美容液は油分が含まれているものが多く、水分を閉じ込めてくれます。乾燥対策には水分補給とセットで使いたいスキンケアです。クリームや美容液には目元専用スキンケアもあるので、目元の悩みに合わせて、目元用スキンケアを選ぶのもよいでしょう。クリームや美容液を目元に塗る時、気を付けてほしいのは指先で強くこすらないことです。摩擦もシワの原因になってしまします塗る際は、力が入りにくい薬指の腹にクリームや美容液を乗せ、軽くポンポンとなじませるのがポイントです。シワがある場合は、ピンっとシワを伸ばした状態で塗ると、シワの溝の部分まで塗ることができます。

 

目元の悩みに合わせた化粧品の選び方

化粧品選び

悩みに合わせた目元専用スキンケアを選ぶ

悩みにごとに効果的な成分は異なるものです。購入を考えている商品がどんな悩みに効果的なのかわからない場合は、配合されている成分をチェックしてみましょう。目元の悩みはハリ不足・乾燥が原因で起こりやすいので、保湿効果が高く、うるおいのあるハリ・弾力が得られるものに加え、自分の悩みにとって必要な成分が入っているものを選ぶのがおすすめです。油分が少なくなりやすい目元に、水分・油分をバランスよく角質層へとしっかり浸透・保湿ができるものを選びましょう。また、目元は皮膚が薄くデリケートなため、毎日使うのに負担が少ないものを選ぶのがポイントです。目のまわりに塗りたい時は肌すべりのよい使用感のものを、ピンポイントで塗り込みたい時は粘度が高く、指の腹にとりやすい形状のものを選ぶとよいでしょうまた皮膚が薄く他の部位より敏感かもしれません。無添加かどうかも確認するとよいでしょう。
肌に刺激を与えるエタノールなどのアルコールや香料、パラベン、鉱物油が配合されていないかを確認しましょう。
毎日続けられる使いやすい容器であることも大切です美容液の容器はチューブタイプ、ディスペンサータイプ、スポイドタイプが、クリームの容器はチューブタイプ、ジャータイプが主流です。
チューブタイプは中身を少しずつ出すことが可能なため、使いたい部位だけに塗布したい場合に使い勝手がよいです。目元用スキンケアはスペシャルアイテムとしてラインナップされることが多く、少しお高めであることも。チューブタイプなら経済的に使用できます。
ディスペンサータイプは指にとる量を調整しにくいため、少量を使いたい場合はおすすめではありません。スポイドタイプは量は調整しやすいのですが、ゆるい粘度がある液体であるため、指先にとるのが難しいデメリットがあります。クリームライプは手や爪の雑菌が入り、繁殖してしまったりする恐れがあるので、清潔な手で使用するよう注意しましょう。
また、1日に何度も使用したり、使用量を増やしたりすれば効果が出るというものではありません。必要以上に目元を触ると肌トラブルや、摩擦により色素沈着を起こすかもしれません。使用回数や使用量を守って、目元ケアを行ってください。

目元のシワ対策で選びたい化粧品

目元の小ジワの主な原因は乾燥によるものです。小ジワを目立たなくするために、うるおいをチャージする、留める、持続させる、保湿ケアを心掛けましょう。シワを改善したいのであれば、医薬部外品を選ぶとよいでしょう。厚生省で認可されているシワ改善の有効成分は「ニールワン」「純粋レチノール」「ナイアシンアミド」の3つですそれぞれの成分を比較し、自分のシワに合うものを選びましょう。

■ニールワン
ニールワンはポーラが独自に開発した、医薬部外品有効成分として、日本で初めてシワ改善効果が認められた成分です。紫外線を浴びた時などに過剰に放出され、シワの原因の1つ『好中球エラスターゼ』という酵素の働きを抑制し、皮膚のハリや弾力を向上させる効果が期待できます。

■純粋レチノール
純粋レチノールは、肌表面の水分量を増やすだけでなく、ターンオーバーを促進する作用がると言われるビタミンAの一種です。表皮の乾燥ジワやちりめんジワだけでなく、深いシワも、両方にアプローチします。ビタミンAの一種であることから、肌荒れ改善の薬用効果も期待できます。

■ナイアシンアミド
ナイアシンアミドは肌表面の角層を整え、コラーゲンの産生を促す働きがあると言われるビタミンBの一種です。医薬部外品の有効成分として美白有効成分としても承認されています。シワとシミは目元に現れやすいので、目元用スキンケアとしてはおすすめの成分です。

目元のクマ対策で選びたい化粧品

目元のクマは、大きく分けると茶クマ、黒クマ、青クマの3種があり、それぞれ原因が異なります。目元用スキンケアを選ぶ際はどんなクマをケアしたいかに合わせて成分を選ぶとよいでしょう。

■黒クマ
現象:皮膚にハリがなくなり、たるんで影ができ黒く、くすんで見える
原因:加齢によるもの
おすすめ成分:ビタミンC誘導体、レチノール

■茶クマ
現象:目のこすりすぎや、アイメイクがきちんと落とせていことにより色素沈着が起こり、茶色く、くすんで見える
原因:色素沈着
おすすめ成分:ビタミンC誘導体、セラミド、プラセンタ

■青クマ
現象:目の疲れや寝不足などが原因の血行不良により、青く、くすんで見える
原因:血行不良
おすすめ成分:ビタミンE、レチノール

目元のハリ不足対策で選びたい化粧品

目元にハリ・弾力をあたえる目元用スキンケアを選びましょう。
ヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分が配合された目元用スキンケアがおすすめです。

 

目元を美しくキープするため、日々努力を

見た目年齢と目元の印象

「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なもの、と定義されています。使ってすぐに効果が出るものではありません。自分の肌と向き合い、日々観察し、必要なお手入れを行う。お手入れを継続することで、次第に肌が整っていくという風に考えて頂けるとよいでしょう。

髙木 裕子 ライター

髙木 裕子 監修者

EDUCATION 学位
大邱漢医大学 化粧品薬理学部 卒業
EXPERIENCE 職歴
2019年入社
前職の化粧品メーカーで研究開発、評価研究、商品企画、営業企画を経験。
NISSHAでは新規事業開発部門 マーケティング部に配属
CERTIFICATION 資格
コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定協会) logo cosmeconcierge
back to list
page top